メイン | オープンアクセス・機関リポジトリ関連の日本語文献 »

February 12, 2005

オープンアクセスとは

オープン・アクセスの簡略紹介
by Peter Suber


オープン・アクセス(OA)文献とは,デジタルで,オンライン上にあり,無料,著作権・使用権制限の多くを受けないものを指します。オープン・アクセスは,インターネットおよび著者・著作権保有者の同意によって実現したものです。

大半の学問分野では,学術雑誌はその論文への対価として著者に支払うことはありませんし,だから収入を失わずにオープン・アクセスに同意することが可能なのです。この点から見れば,研究者と科学者は,音楽家や映画制作者達とは非常に異なる状況におかれていますし,音楽や映像のオープン・アクセスに関する議論は学術文献にそのまま当てはまりません。

オープン・アクセスは査読制度と完全に互換性がありますし,学術文献に対するオープン・アクセスを推進しようとしている主要な団体すべてが,その重要性を主張しています。学術雑誌論文の著者が自らの労力を寄贈するのと同様に,大半の学術雑誌の編集者や査読者もまた査読制度に寄与しています。

オープンアクセス文献は,伝統的に出版された文献よりもより安価に製作することが可能ですが,無料でできるわけではありません。問題は,学術文献がより安価に製作できるかどうかではなく,読者に料金を請求しアクセス障壁を作ることよりも,料金を支払うより良い方法があるのかどうかということなのです。料金支払いのビジネスモデルは,オープンアクセスがいかに提供されるかによって異なります。

学術文献のオープン・アクセスを提供するには,主として二つの方法があります。つまり,オープン・アクセス雑誌とオープン・アクセス・アーカイブあるいはリポジトリです。

より詳細な紹介(参考文献のリンクあり)は,私の「オープン・アクセス概略」を見てください,http://www.earlham.edu/~peters/fos/overview.htm.


本文は,Peter Suber氏の「Very Brief Introduction to Open Access」を日本語訳したものです。


オンライン初掲載日 2004年12月29日

この紹介文は, オランダ語フランス語ドイツ語スロベニア語でも読むことができます。

Peter Suber
Open Access Project Director, Public Knowledge
Research Professor of Philosophy, Earlham College
Senior Researcher, SPARC
peters@earlham.edu

Copyright © 2004, Peter Suber. 本文書はオープン・アクセスです。 This document was translated into Japanese by MINE Shinji, KURATA Keiko, UEDA Shuichi

Back to Toppage ブックマークに追加する

投稿者 smine : February 12, 2005 10:46 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/4

コメント

コメントしてください



このエントリーにコメントバックがあったらメールで知らせる:


保存しますか?