« Googleが学術雑誌のバックナンバー電子化サービスを開始? | メイン | 文化の違いのせいで、インターネット上での日本人研究者の認知度が低くなっている(Nature) »

December 22, 2006

PLoS ONE 創刊

PLoS ONE - www.plosone.orgOpen Access 2.0を標榜していたPublic Library of Scienceによる新タイトル,「PLoS ONE」が全世界の研究者にクリスマスプレゼントとして?創刊していました。なんと創刊時から39領域103編の論文を提供しています。論文の提供方法もなかなかユニークで,フォーマットは,XML,HTML,PDFの3形式,HTML形式では,ページ右側に論文の構成が常に表示されリンクで飛ぶことができます。さらに,読者が注釈を入れたり議論をする機能もついています。図表にもDOIがついていて,図表の提供フォーマットは3形式あり,拡大画像,TIFF画像,PowerPoint用画像が用意されています。本文中の図をクリックすると,ポップアップウィンドウが開き,左側にその論文の図一覧がサムネイルで表示され,その右側にクリックした図が表示されるようになっています。引用文献は,オンライン上に論文があるかをPubMedとGoogle Scholarで検索するためのリンクが提供されています。他の商業出版社の電子ジャーナルと比較しても見劣りしないサービスではないでしょうか?

ブックマークに追加する

投稿者 smine : December 22, 2006 02:31 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/239

コメント

コメントしてください



このエントリーにコメントバックがあったらメールで知らせる:


保存しますか?