« Goverment Responses to a Report by the House of Commons Science & Technology Select Committee: "The Work of Research Councils UK (RCUK)” | メイン | 学術コミュニケーションの変革と大学図書館:電子ジャーナル,オープン・アクセス,機関リポジトリ(医学図書館) »

June 28, 2005

RCUKのオープンアクセス方針草案

RCUKがオープンアクセス方針草案「Access to Research Output」を公開していました。
基本原則として,


  1. 公的助成研究に由来するアイデアや知識は可能な限り広範,迅速,効果的に国民が利用したり,疑義を呈したり,精査できるように利用かつアクセスできなければならない
  2. 公表された研究成果は査読を通した厳密な品質保証の対象とならねばらないことを保証する効果的なメカニズムの存在が適当である
  3. 研究成果の出版とアクセスのためのモデルとメカニズムは公的助成金を利用する際には効率的かつ費用効果が高くなければならない
  4. 現在そして将来の研究から生まれるであろう成果は今後数年だけではなく未来の世代においても保存されアクセスできるようにしなければならない

という四つを挙げており,具体的な方針として

  1. 2005年10月1日より,助成金を交付された研究者は,著作権やライセンスに従うかたちで,成果として公表した雑誌論文あるいは会議録論文のコピーを適切なe-printリポジトリに,できるだけ早くあるいは出版の前後に登録すべきである(義務化)
  2. Research Councilsは2005年10月1日以前に助成を受けた研究者に対しても義務ではないが論文の登録を推奨する
  3. Research Councilsは費用対効果に適う形で,助成申請に著者支払い型雑誌への予想される出版費用を研究計画に組み入れることを許可する

ことが示されており,8/31日まで協議を続けられるそうです。本文を読む限り,学術出版制度の問題点を指摘するというよりは,英国(および世界)の科学研究におけるRCUKの使命や役割を強く意識していることが伝わってくる内容で,かつ利害関係者と協力のもとで今後もさらに進めていくという印象を受けました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 smine : June 28, 2005 11:09 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/69

コメント

http://www.sparceurope.org/press_release/RCUK.htmというのが出ているようです(7月14日)。SPARC Europeもあまり名前を聞かなくなっていましたが、、、、

投稿者 土屋俊 : July 19, 2005 03:22 AM

コメントしてください



このエントリーにコメントバックがあったらメールで知らせる:


保存しますか?