Home > ニュース > 明日開催:学術講演会「学術出版の将来:オープンアクセスジャーナルへの道」開催のお知らせ

明日開催:学術講演会「学術出版の将来:オープンアクセスジャーナルへの道」開催のお知らせ

poster_keio_20121205.jpg


科学研究費基盤研究(B)「イーリサーチとオープンアクセス環境下における学術コミュニケーションの総合的研究」(主催)
学術講演会:学術出版の将来 オープンアクセスジャーナルへの道

講師 Martin Richardson氏
日時 2012年12月5日(水)10時から12時
場所 慶應義塾大学三田キャンパス 東館4階セミナー室
定員 40名
対象 図書館情報学分野の研究者, 院生, 学術コミュニケーション に関心を持つ方

講演要旨
オックスフォード大学出版局(OUP)で20年間学術出版に携わってきたRichardson氏が,これまでの オープンアクセスの発展の経緯をたどり,Gold OAつまりオープンアクセスジャーナルこそが将来の学術出版のモデルとなるだろうという主張を展開する。

発表は英語で通訳はつきませんが,日本語の資料を配付します

※参加登録は不要です

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/794
Listed below are links to weblogs that reference
明日開催:学術講演会「学術出版の将来:オープンアクセスジャーナルへの道」開催のお知らせ from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > ニュース > 明日開催:学術講演会「学術出版の将来:オープンアクセスジャーナルへの道」開催のお知らせ

Search
Feeds

Return to page top