Home > 動向紹介 > | 図書館 > | 大学・研究機関 > | 学術雑誌 > | 文献 > | 機関リポジトリ > | 研究助成機関 > 論説:図書館からロー・レビューが消える日(IN-Law Newsletter)

論説:図書館からロー・レビューが消える日(IN-Law Newsletter)


 情報ネットワーク法学会のメールマガジン「IN-Law Newsletter」に,指宿先生の「論説:図書館からロー・レビューが消える日」が掲載されていました。法学分野のオープンアクセスについての動向解説があります。以下結論分の引用。

 もし,真に法律学が実務からの乖離ではなく実務と理論を架橋することを望み,社会への還元を意図するのであれば,わが国の法学教育機関はよりオープンな情報提供環境を構築するという戦略を採るべきだ。それこそ,法科大学院設立の趣旨に適うだろう。そして,図書館は図書のみの所蔵機関(ライブラリ)としての役割からサイバー空間上での学術情報の探索・収集機能を兼ね備えた「サイブラリ」へとシフトしていかねばならない。そのためには,それぞれの機関の学術情報のあり方について,ファカルティと図書館がいかに協働していくかが鍵であろう。ダーラム宣言は,国は違えども,ネットワーク時代の学術情報をめぐる高等教育機関の方向性に大きな示唆を与えているように思う。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/763
Listed below are links to weblogs that reference
論説:図書館からロー・レビューが消える日(IN-Law Newsletter) from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 動向紹介 > | 図書館 > | 大学・研究機関 > | 学術雑誌 > | 文献 > | 機関リポジトリ > | 研究助成機関 > 論説:図書館からロー・レビューが消える日(IN-Law Newsletter)

Search
Feeds

Return to page top