Home > 学術論文:オープンアクセス、日本でも本格始動 情報共有に期待大(毎日新聞)

学術論文:オープンアクセス、日本でも本格始動 情報共有に期待大(毎日新聞)

  • Posted by: admin
  • 2009年3月22日 13:07
インターネットの普及に伴い、世界中の研究者が書く学術論文の公開方法に大きな変化が起きている。出版社から学術雑誌を購入して論文を読むというスタイルに代わり、ネット上で電子化された論文を読むことが主流となった。同時にネット上の論文を無料で閲覧、検索、配布などができるようにする「オープンアクセス(OA)」の試みが進んでいる。日本で昨年、本格始動した一つのOA活動を切り口に、すべての市民の手に学術情報を共有しようとするOA化の取り組みを探った

http://mainichi.jp/life/electronics/news/20090322ddm016040034000c.html

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/754
Listed below are links to weblogs that reference
学術論文:オープンアクセス、日本でも本格始動 情報共有に期待大(毎日新聞) from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 学術論文:オープンアクセス、日本でも本格始動 情報共有に期待大(毎日新聞)

Search
Feeds

Return to page top