Home > ニュース > | 出版社 > | 学協会 > | 学術雑誌 > 国内学術誌 存続の危機(読売新聞)

国内学術誌 存続の危機(読売新聞)

 読売新聞が,連載「科学立国の明日」で「国内学術誌 存続の危機」を掲載していました。
 内容は,昨年10月に掲載した記事のおさらいと,NIIの根岸先生のインタビューを合わせたものになっています。

昨年、ノーベル物理学賞を受賞した小林誠、益川敏英両博士の論文も掲載された理論物理学の学術論文誌「プログレス・オブ・セオリティカル・フィジックス」が、危機に陥っている。「補助金がこのまま減れば、存続も危うい」。編集長の九後太一(くごたいち)・京都大教授は、台所事情の苦しさを訴える。

小林・益川両氏も論文発表、伝統の学術誌が赤字で廃刊危機
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20081009-OYT1T00429.htm

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/749
Listed below are links to weblogs that reference
国内学術誌 存続の危機(読売新聞) from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > ニュース > | 出版社 > | 学協会 > | 学術雑誌 > 国内学術誌 存続の危機(読売新聞)

Search
Feeds

Return to page top