Home > 文献 > OA in Books

OA in Books

  • Posted by: admin
  • 2009年2月20日 12:30
  • 文献

 チャールズ・レッドビーター. ぼくたちが考えるに,:マスコラボーレションの時代をどう生きるか?で,オープンアクセスが4ページほど言及されていました。内容は,シリアルズクライシス,オープンアクセス運動,オープンアクセスジャーナル,被引用数の上昇(たぶんHarnadらの研究の引用),NIH パブリックアクセス方針,SCOAP3,機関リポジトリなどが広く浅く言及されています。そのため,NIH PAPの遵守率など小さな誤解もあるようです(翻訳ではない)。

ぼくたちが考えるに、  マスコラボレーション時代をどう生きるか? ぼくたちが考えるに、 マスコラボレーション時代をどう生きるか?
チャールズ・レッドビーター. 山形浩生 守岡桜訳

エクスナレッジ 2009-01-23

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/752
Listed below are links to weblogs that reference
OA in Books from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 文献 > OA in Books

Search
Feeds

Return to page top