Home > アメリカ心理学会,助成論文のPMC登録に課金

アメリカ心理学会,助成論文のPMC登録に課金

  • Posted by: admin
  • 2008年7月16日 09:02

 アメリカ心理学会が,「APA Publishing Options and Related Deposit Fees」を公開していました。それによると,NIH PAPやWellcome Trustの方針の対象となる論文は,PubMed Centralへの登録費用として2,500ドル(WTは4,000ドル)が著者の大学に請求されるそうです(グラントからの支出として)。登録された論文は,APAのEJプラットフォームであるPsycARTICLESからも(無料で?)利用できるようになります。
 

 著者最終稿のWordファイルが,APAによって適切な時期に(いつ?)PMCに登録されるわけですが,著者が登録することができず,PMC以外のリポジトリにも登録できず,著作権もAPAが保有する仕組みだそうです。ちなみに,APAはいわゆるGreenな学会なので,NIH PAPやWTから助成を受けていると上記のようなことになってしまうということになります。

追記(2008/7/17)
 とりあえず,再検討扱いになり現時点では実施にはいたらないということになりました。「これはひどい」タグが相当つけられたのでしょうか。

追記その2(2008/7/20)
 NIH PAPについては,課金とPMC以外のリポジトリにも登録できないという制限もなくなったものを暫定版として,今後試行していくようです。

http://www.apa.org/journals/authors/pubmed-deposit.html

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/730
Listed below are links to weblogs that reference
アメリカ心理学会,助成論文のPMC登録に課金 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > アメリカ心理学会,助成論文のPMC登録に課金

Search
Feeds

Return to page top