Home > 途上国にとってOAは有害無益(nature)

途上国にとってOAは有害無益(nature)

  • Posted by: admin
  • 2008年5月22日 08:34

 natureの投書欄に,インドの研究者から「途上国ではOAは有害無益」というタイトルの投書がありました。「著者有料・読者無料」のOA出版は,読者にとっては平等な立場をもたらしたが,発展途上国の著者にとっては有害無益でしかないと怒っています。著者が支払う出版費用の免除があるかもしれないけれど,それはわずかだろうし,実際お金を出すのは助成機関という話も納得できない,助成だって不平等だなどなど,問題点を指摘し,今のままでは我々は知識の生産者ではなく消費者に留まってしまうことになる。だから,「著者有料・読者無料」,「著者無料・読者有料」どちらかを選べと言われたら,それは後者でしょう,選ばない人なんているのかと問いかけていました。
 (セルフアーカイブをしましょう。)

Nature 453, 450 (22 May 2008) | doi:10.1038/453450c; Published online 21 May 2008
Open-access more harm than good in developing world
Raghavendra Gadagkar

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/718
Listed below are links to weblogs that reference
途上国にとってOAは有害無益(nature) from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 途上国にとってOAは有害無益(nature)

Search
Feeds

Return to page top