Home > 平成18年度学術情報基盤実態調査結果報告

平成18年度学術情報基盤実態調査結果報告

  • Posted by: admin
  • 2008年5月13日 16:10

 遅れに遅れていた,もとい待ちこがれていた「平成18年度学術情報基盤実態調査結果報告」が文科省のホームページで公表されていました。
 これまで,1大学が単位になっていましたが,18年度から館・分館数が単位になっているものもあり,パネルデータとしての扱いに注意が必要になりました。(たとえば,電子ジャーナルを例にすると,これまでは提供「大学」数が国公私立のAからDそれぞれででていましたが,今回からは提供「館」数になっていますので,単純比較ができなくなりました。各大学の図書館と契約実態の違いを考慮したという事なのかと思われますが,電子ジャーナルの提供に関しては,のべ館数だけではなく,中央図書館,分館,部局図書館・室の内訳もあるとより解釈しやすいと思いました)。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/709
Listed below are links to weblogs that reference
平成18年度学術情報基盤実態調査結果報告 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 平成18年度学術情報基盤実態調査結果報告

Search
Feeds

Return to page top