Home > Springer,NIH PAPにあわせてセルフアーカイビング方針を更新

Springer,NIH PAPにあわせてセルフアーカイビング方針を更新

  • Posted by: admin
  • 2008年4月10日 08:54

 NIH PAPが7日に施行されたのにあわせて,Springerが著作権譲渡書(PDF)を更新していました。
 
 


  • 著者は,自分のウェブサイトに著者最終稿をセルフアーカイブできる

  • 著者は,,公刊12ヶ月以内に一般公開しなければ,助成者の要求や法的義務に応じて,機関リポジトリおよび助成機関のリポジトリに著者最終稿をセルフアーカイブできる

  • 出版社のPDFは,セルフアーカイブには利用できない

  • 著者最終稿には,出版元への謝辞とSpringerへのリンク(The original publication is available at www.springerlink.com)も入れること

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/703
Listed below are links to weblogs that reference
Springer,NIH PAPにあわせてセルフアーカイビング方針を更新 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > Springer,NIH PAPにあわせてセルフアーカイビング方針を更新

Search
Feeds

Return to page top