Home > 「デジタルリポジトリ連合(DRF)平成18〜19年度の活動と今後の展望」(DRF)

「デジタルリポジトリ連合(DRF)平成18〜19年度の活動と今後の展望」(DRF)

  • Posted by: admin
  • 2008年4月 7日 10:43

 DRFの領域2「期間リポジトリコミュニティの活性化」活動報告が手元に回ってきました。
 章立ては,


  1. 活動目的と成果

  2. 活動内容

  3. 今後取り組むべき課題

  4. アンケート集計結果

  5. 付属資料

となっております。今後取り組むべき課題には,リポジトリの発見ルートの整備,コンテンツの保存と識別子,著作権データベースと国際連携,リポジトリの評価の枠組み,研究情報システムとの連携によるリポジトリの視認性向上,科学データのリポジトリでの取り扱い(e-Science),地域共同リポジトリによるリポジトリの経済モデルの検証,オープンアクセスコンテンツのインパクト評価,リポジトリの持続のためのコミュニティ=連携機能の強化・持続があげられていました。(近く,一般公開されるのでしょうか?)

追記:DRFのページに,報告書(PDF)が公開されました。

Comments:1

杉田(DRF) 2008年4月 9日 21:40

DRFのWikiに掲載しました。お手元にない方、そちらからぜひご覧ください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/701
Listed below are links to weblogs that reference
「デジタルリポジトリ連合(DRF)平成18〜19年度の活動と今後の展望」(DRF) from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 「デジタルリポジトリ連合(DRF)平成18〜19年度の活動と今後の展望」(DRF)

Search
Feeds

Return to page top