Home > 日本物理学会,JPSJにハイブリッド型OAを導入

日本物理学会,JPSJにハイブリッド型OAを導入

  • Posted by: admin
  • 2008年1月22日 18:42

 日本物理学会が,同学会の代表的学術雑誌である,Journal of the Physical Society of Japanにハイブリッド型OAのサービスを提供すると発表していました。名称は,「OPEN SELECT」で,JPSJに論文を受理されたあるいはすでに刊行した著者は,追加料金を支払うことで,当該論文をオープンアクセスにすることができます。
 気になるお値段は・・・,原著論文が10万,レター論文が6万,短報が3万となっております。
 著作権に関しては,通常の論文と変わらず,OPEN SELECT論文を,同学会の許諾を得ずに第三者のサーバにアップロードすることは禁止されています。勝手に,IRのせては駄目だが,許諾をとればOKということでしょうか?

 日本化学会に続き,日本発ハイブリッド型OAジャーナルとしては二番目ということになります。

http://www.ipap.jp/jpsj/openselect/openselect_index.htm

See also
http://www.openaccessjapan.com/2005/06/post-15.html

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/677
Listed below are links to weblogs that reference
日本物理学会,JPSJにハイブリッド型OAを導入 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 日本物理学会,JPSJにハイブリッド型OAを導入

Search
Feeds

Return to page top