Home > ニュース > Berlin 5会議の発表資料公開

Berlin 5会議の発表資料公開

berlin5.jpg
 先日イタリアで開催された「Berlin 5 Open Access: From Practice to Impact : Consequences of Knowledge Dissemination」ですが,発表資料が公開されていました。日本からは千葉大の竹内先生と土屋先生の連名で「Open Access in Japan: After a long silence」というタイトルで発表が行われました。歴史的な視点を忘れてはいかん,ということから始まり,日本の学術情報流通全体における位置づけ,日本はオープンアクセスに気づいていないこと,IRの勃興,日本の学術雑誌刊行の問題などがまとめられています。近いうちに発表者である竹内先生より,DRFのMLで報告がなされるそうで,楽しみです。

(最初のスライドにイラストが使われているのが,ある意味すこし驚きです)

http://cabtube.cab.unipd.it/conferenze/berlin5-open-access/berlin5-open-access-photo/MB4_5890.JPG/view

See also :Berlin 4 Open Access参加報告

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/640
Listed below are links to weblogs that reference
Berlin 5会議の発表資料公開 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > ニュース > Berlin 5会議の発表資料公開

Search
Feeds

Return to page top