Home > 学協会 > | 政府 > | 研究助成機関 > SCOAP3によるオープン・アクセスの運動について(日本物理学会)

SCOAP3によるオープン・アクセスの運動について(日本物理学会)

日本物理学会と高エネ研が,SCOAP3について対応し始めたようです。最後の一文が,示唆的です。

今年7月にCERN所長より文科省とKEK機構長あてに、SCOAP3(Sponsoring consortium for Open Access Publishing in Particle Physics)の提案と問い合わせが届きました。これは学術雑誌の高騰を背景に、公共の費用による研究成果は全世界に対してオープンであるべきという動機から発案されたもので、巨大研究機関を中心に行われている高エネルギー物理分野の雑誌から開始しようという試みです。オープン・アクセス化の実現に必要な経費は、各国財政機関・研究機関・図書館連合などから調達しようとするもので、文科省への問い合わせもこのことに関連しています。一方、日本物理学会ではJPSJやPTPという固有の学術誌を有しており、上記のような巨額の新たな資金の流れは、これらの学術誌に大きな影響を与えます。先刻、KEKの機構長の呼びかけでKEK関係者と物理学会の代表とにより話し合いがもたれ、意見交換の後、この問題を検討するWGを立ち上げ早急に検討することになりました。このWGでの検討結果を踏まえ、文科省へ回答することになりました。高エネルギー物理関係者にも十分な情報が届いていなかったので、物理学会が中心になってこの問題を検討していることをここにお知らせしておきます。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jps/openaccess/open.html

CERNは,日本原子力研究開発機構図書館とも接触をとっているようです。
上記記載は誤りであるとのご指摘を,日本原子力研究開発機構図書館様から頂きました。下記のURLも日本原子力研究開発機構図書館様とは無関係です。お詫びして訂正致します。
http://cern71190.nobody.jp/visitors/18octobre07/18octobre07.html

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/659
Listed below are links to weblogs that reference
SCOAP3によるオープン・アクセスの運動について(日本物理学会) from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 学協会 > | 政府 > | 研究助成機関 > SCOAP3によるオープン・アクセスの運動について(日本物理学会)

Search
Feeds

Return to page top