Home > 政府 > | 研究助成機関 > 米国議会,拒否権覆せず

米国議会,拒否権覆せず

 米国時間の15日夜,労働・厚生・教育歳出法案に対する投票が行われた結果,277対144と再可決に必要な3分の2以上に2票足りず,ブッシュ大統領の拒否権を覆すことができませんでした。今後は,法案を修正することになりますが,NIH PAPの義務化自体は超党派の支持を得ており,ブッシュ大統領も反対している訳ではないそうですので,おそらくこのまま義務化の方向でいくのではないかとの見解をSuber氏は示していました。

http://www.nytimes.com/2007/11/16/washington/16spend.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/11/15/AR2007111502624_pf.html
http://ap.google.com/article/ALeqM5h6dZR6Ran4SvzDtMx_YPyrtO3qkQD8SUG8C80
http://the.honoluluadvertiser.com/article/2007/Nov/15/br/br0731589624.html

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/654
Listed below are links to weblogs that reference
米国議会,拒否権覆せず from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 政府 > | 研究助成機関 > 米国議会,拒否権覆せず

Search
Feeds

Return to page top