Home > 研究助成機関 > 歳出予算案が上院通過,NIH PAPの骨抜きは回避

歳出予算案が上院通過,NIH PAPの骨抜きは回避

 先週の金曜日,歳出予算案の審議期限の間近になって,NIH PAPの義務化についての文言をなくそうとする修正案がJames Inhofe議員(共和党)によってだされ,一騒動が起こっていました。が,(実際には修正案は撤回され)無事修正されることなく予算案が上院を通過したそうです。連邦議会でブッシュ大統領の拒否権を覆すかどうかが今後の焦点となりそうです。

ATAによるPR
http://www.taxpayeraccess.org/media/release07-1024.html

Inhofe議員の寄付者リスト
http://www.opensecrets.org/politicians/contrib.asp?CID=N00005582&cycle=2006
http://www.opensecrets.org/lobbyists/clientsum.asp?year=2006&txtname=Reed+Elsevier+Inc

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/644
Listed below are links to weblogs that reference
歳出予算案が上院通過,NIH PAPの骨抜きは回避 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 研究助成機関 > 歳出予算案が上院通過,NIH PAPの骨抜きは回避

Search
Feeds

Return to page top