Home > 文献 > 学術情報流通とオープンアクセス発売

学術情報流通とオープンアクセス発売

  • Posted by: admin
  • 2007年9月30日 20:15
  • 文献
keiso.jpg 慶應義塾大学の倉田先生による「学術情報流通とオープンアクセス」が刊行されました。 このブログを閲覧されている方は必読の書ですね。
印刷物から電子メディアヘという学術雑誌のあり方の変化は、学術情報流通をどのように変容させたのかを分析。オープンアクセスを中心とする新たな動向も検討する。 電子ジャーナルの出現は、「流通」側面の電子化の実現を意味する。学術雑誌の提供方法の変化は、出版社、大学図書館、学会、大学、政府などを巻き込んだ、学術情報流通の再編成の動きに繋がっている。「電子メディア」であるがゆえの特質は、どのような影響をもたらしており、今後どのような方向に向かうのかを具体的に論考する。

Comments:1

藤田 洋 2007年11月 6日 11:26

三根慎二,オープンアクセスジャーナルの現状,大学図書館研究,LXXX,2007,p.54-64
オープンアクセスジャーナルの5類型は,こちらの論文でも勉強できます!

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/622
Listed below are links to weblogs that reference
学術情報流通とオープンアクセス発売 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 文献 > 学術情報流通とオープンアクセス発売

Search
Feeds

Return to page top