Home > 文献 > | 機関リポジトリ > 機関リポジトリのスタッフとスキルに係る要件

機関リポジトリのスタッフとスキルに係る要件

sherpa.gif

SHERPAが機関リポジトリに関わるスタッフおよび彼らに求められるスキルについてまとめた「Institutional Repositories: Staff and Skills requirements」を公開していました。

 スタッフの要件としては,  

リポジトリのマネージャ:コンテンツ方針,アドボカシー,利用者教育,広範囲の学部や外部の問い合わせに関するリエゾンを含めた,リポジトリの「人」に関わる部分を運営する  

リポジトリ管理人:リポジトリソフトウェアの技術的な実装,カスタム化および管理を担当し,メタデータのフィールドや質の管理,利用実態報告書の作成や保存に関する課題の検討(track)をする。

スキルの要件としては以下が挙げられており(一つの役職に求められるものではないことに注意)  


管理  

ソフトウェア  

メタデータ  

蓄積と保存  

コンテンツ  

リエゾン(内部・外部)  

アドボカシー・教育・サポート  

カレントアウェアネス・研修(Professional Development)


これが決定稿というわけではなく,毎年更新していくとのことです。

http://www.sherpa.ac.uk/news/Aug2007-01.htm


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/616
Listed below are links to weblogs that reference
機関リポジトリのスタッフとスキルに係る要件 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 文献 > | 機関リポジトリ > 機関リポジトリのスタッフとスキルに係る要件

Search
Feeds

Return to page top