Home > 機関リポジトリ > 広島県大学共同リポジトリ HARP

広島県大学共同リポジトリ HARP

 ゆうキャンパスリポジトリに続いて,「広島県大学共同リポジトリ HARP(Hiroshima Associated Repository Project)」の構築実験が行われているようです。広島市立大学,広島国際大学,広島工業大学,広島女学院大学,広島修道大学,広島大学,広島経済大学,日本赤十字広島看護大学,安田女子大学・短期大学、尾道大学が参加しています。(URLに間違いがありました。大変失礼いたしました)

 実態は明記されておらず良くわかりませんが,ソフトウェアはXooNIpsDSpaceで,サーバ自体は,広島工業大学に設置されているようです。今現在日本にある機関リポジトリの構築にどれくらいのコストがかかっているのか全く持って不明ですが(CSI事業の予算から類推できるのでしょうか?),研究志向でなかったり大規模でない大学の場合,一大学単位で機関リポジトリを構築するよりは,共同利用したほうがよいのかもしれません。先行館によるIR構築経験の公開と共有が望まれます。

追加情報を頂きました。

経緯として、1)理念・ノウハウの共有、実験サーバの構築・実験コンテンツの収集、2)共同リポジトリの本稼動に向け、広島県大学図書館協議会を中心とした運営体制を検討の二点があるそうです。
(Special Thanks to Ms.Ozaki)

Comments:2

土屋俊 2007年4月20日 09:38

山形、広島と共同リポジトリができてくると、

  機関リポジトリの数
  機関リポジトリをもつ大学の数

というのを区別しないといけなくなるのですね。気をつけないと。

smine 2007年4月20日 16:36

確かに注意が必要ですね。
ROARやOpenDOARから得られる数値は、「機関リポジトリの数」であるということですね。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/582
Listed below are links to weblogs that reference
広島県大学共同リポジトリ HARP from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 機関リポジトリ > 広島県大学共同リポジトリ HARP

Search
Feeds

Return to page top