Home > 図書館 > 学術情報基盤実態調査に見る電子ジャーナルの動向

学術情報基盤実態調査に見る電子ジャーナルの動向

  • Posted by: admin
  • 2007年3月 4日 10:20
  • 図書館

平成17年度学術情報基盤実態調査(旧大学図書館実態調査)が1月に公開されており,結果報告(概要)の(2)電子ジャーナルの総所蔵種類数と平均所蔵種類数(平成16年度)では,総所蔵種類数(重複を含む)では私立(683,810)が国立(504,356)を抜いています。しかし,平均所蔵種類数では国立の5,797,私立の1,230と依然として格差があることが示されています(国公私立大学全体で1,714)。

また,「大学図書館が中心となりインターネットを活用した学術研究成果の情報発信を強化」では,機関リポジトリについて触れており,千葉大のCURATORが紹介されていました。

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/index20/07012502.htm

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/563
Listed below are links to weblogs that reference
学術情報基盤実態調査に見る電子ジャーナルの動向 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 図書館 > 学術情報基盤実態調査に見る電子ジャーナルの動向

Search
Feeds

Return to page top