Home > 研究助成機関 > NIH所長,NIHパブリックアクセス方針は義務化が必要と発言

NIH所長,NIHパブリックアクセス方針は義務化が必要と発言

NIH所長ザーフーニーが,上院歳出委員会労働健康福祉小委員会で「パブリックアクセスを連邦政府助成の条件とする必要がある。(中略)義務化を伴う方針は我々の目的を達成するために必要なものであるように思われる」と発言していたそうです。

http://appropriations.senate.gov/Media/2007_03_19_Webcast_of_the_March_19_Hearing_on_NIH_Funding.ram
http://www.taxpayeraccess.org/NIH.html
http://www.earlham.edu/~peters/fos/2007_03_18_fosblogarchive.html#117476534149036353

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/573
Listed below are links to weblogs that reference
NIH所長,NIHパブリックアクセス方針は義務化が必要と発言 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 研究助成機関 > NIH所長,NIHパブリックアクセス方針は義務化が必要と発言

Search
Feeds

Return to page top