Home > 文献 > パブリックポリシーの戦略目的

パブリックポリシーの戦略目的

  • Posted by: admin
  • 2007年2月23日 01:11
  • 文献

Goals for Public Policy - Scholarly Communications Statement of Principles.gif
イギリスのRINが「Research and the Scholarly Communications Process: Towards Strategic Goals Public Policy A Statement of Principles」を公開していました。学術情報流通のキープレーヤーが集まって,学術情報流通のプロセスの中核的な原則や目的について議論した結果,


  1. 新しい知識や理解を生み出すことを目的とした研究の追求
  2. 研究者によって生み出された成果の品質保証
  3. 学術情報流通のプロセスに関わる全てものに適切な認証と評価を保証する
  4. 研究成果を,電子的,口頭,冊子体その他で表示,出版,流通する
  5. 研究者やその他関心のあるものによる成果へのアクセスや利用を促進する
  6. 成果の利用やインパクトの査定・評価
  7. 電子的,冊子体,その他の形態の成果を保存し,それが持つ長期的な価値を未来永劫アクセスできるようにする

が,(イギリスという文脈において)学術情報流通の目的であると合意に至ったそうです。

以下の団体が関わっていています。
The Association of Learned and Professional Society Publishers (ALPSP)
The British Library
The Consortium of Research Libraries in the British Isles (CURL)
The International Association of Scientific, Technical and Medical Publishers
The Joint Information Systems Committee (JISC)
The Publishers Association
The Research Information Network (RIN)
The Society of College, National and University Libraries (SCONUL), and
The Wellcome Trust.

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/558
Listed below are links to weblogs that reference
パブリックポリシーの戦略目的 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 文献 > パブリックポリシーの戦略目的

Search
Feeds

Return to page top