Home > 文献 > インターネット時代の学術情報と研究者そして図書館

インターネット時代の学術情報と研究者そして図書館

  • Posted by: admin
  • 2006年12月 1日 17:11
  • 文献

北大の栃内先生が北大附属図書館報「楡蔭」に掲載された「インターネット時代の学術情報と研究者そして図書館」をご自身のブログで公開されていました。

 北海道大学図書館が運用しているHUSCAPという名の「機関リポジトリ」が全国の大学・研究機関の先頭を走っていることをご存じだろうか。ほとんどすべての学術情報がインターネットを通じて流通する時代になり、図書館のあり方も大きく変わろうとしている。学術雑誌へのアクセスも投稿も、すべてが机の上に置かれたコンピューターからできてしまう日常を過ごしていると、時として図書館の存在を忘れてしまいがちになる。しかし、一歩大学を出て学外のネットワークから同じ学術雑誌にアクセスしようとしても、北大図書館のライセンスなしには論文も読めないことがわかる。インターネット時代の今、大学図書館を有効に使えるかどうかが、研究機関の未来を左右する大きな鍵となる。

HUSCAP応援団
http://shinka3.exblog.jp/5081560/

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/530
Listed below are links to weblogs that reference
インターネット時代の学術情報と研究者そして図書館 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン
ジャーナルかwebページか from Takao NAMIKI 2006-12-27 (水) 00:08
とあるMLで今ひとつ明確に設定しきれなかった点なので、ここで整理する。あるURIで表現されたコンテンツをwebページの一部と認識するか、ジャーナルの一部と認識す...

Home > 文献 > インターネット時代の学術情報と研究者そして図書館

Search
Feeds

Return to page top