Home > 研究助成機関 > オーストラリア研究会議,研究成果へのOAを期待

オーストラリア研究会議,研究成果へのOAを期待

 オーストラリア研究会議が今月初頭に公表した「Funding Rules for funding commencing in 2008」のなかに,助成から生まれた研究成果やデータの流通が最大限になされることが望ましいとして,その例として機関リポジトリにデータや出版物を登録することの恩恵を考慮してほしい旨の文言があり,六ヶ月以内にIRに登録しない場合はその理由を最終報告書に記載しなければならず,登録した場合ものそれがわかるように同様に記載しなければならないとのことです。
 登録しない理由はいくらでも考えられるので,実効性のほどはいかに。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/532
Listed below are links to weblogs that reference
オーストラリア研究会議,研究成果へのOAを期待 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 研究助成機関 > オーストラリア研究会議,研究成果へのOAを期待

Search
Feeds

Return to page top