Home > 動向紹介 > 中国のオープンアクセスの現状

中国のオープンアクセスの現状

先日のWorkshop on Electronic Publishing and Open Accessで発表されたお隣中国のOAの現状について「Open Access Movement and Development in China」をもとに簡単に紹介します。

プレゼンテーションは,1)中国における動き,2)中国の研究者の態度,3)最近の進展,4)将来の四部構成となっています。

中国における動き

2003年12月に中国科学院はベルリン宣言に署名し,翌年5月には中国国家自然科学基金委員会が同宣言に署名を行いました。同年6月にはOAに関する国際会議「International Conference on Strategies and Policies on Open Access to Scientific Information」を,2006年10月には「20th International CODATA Conference: Scientific Data and Knowledge within the Information Society」を開催しています。中国のOA運動は主に三つ,1)OA雑誌の出版,2)Open AccessのWebサイトとプレプリントのポータルサイト,3)機関リポジトリあるいはOA雑誌のミラーサイトが含まれるそうです。

中国の研究者の態度

2005年3月から5月にわたってに中国国家自然科学基金委員会は研究者を対象としたOA調査を実施したそうです。 中国科学院の研究機関に所属する科学者257名に対して質問紙調査,22名に対する聞き取り調査を実施しました。結果として,ほとんどの中国の科学者はOA雑誌やアーカイブについて知らなかったが,彼らのOAに対する態度は肯定的でした。6割弱の回答者がOA雑誌に発表する準備があり,8.1%が実際に発表したことがあったそうで,生命科学と物理学の研究者に多く見られました。OA雑誌の発表予備軍は工学研究者が最も多く,逆に発表しないと考えているものは化学,数学の順に多い結果となりました。 OA雑誌について8割が反対せず,約半数がOA雑誌と伝統的な雑誌とでは論文の質は同じであると見なしているようです。約半数が,OA論文を参照したり,引用したことがあるそうです。

最近の進展

現在,中国には13のOA雑誌があるそうです。さらに,6つのOAのWebサイトとプレプリントアーカイブを設立し,ほかにもいくつか小規模のアーカイブがあります。

China pre-print service system

China pre-print service systemは中国科学技術情報研究所と中国国家自然科学基金委員会の共同で2004年に設立され,自然科学,農学,医学,工学,社会科学のプレプリントサーバです。

China Paper Online

China Paper Onlineは中国教育部の科学技術発展センターによって構築されました。
http://www.paper.edu.cn/english/aboutus/introduce.jsp

Qiji e-print

Qiji e-printは,包括的なオープンアクセスのプレプリントサーバで,現在のところ,9千弱のプレプリントが登録されています。

OAに関する研究も行われているようで,中国国家自然科学基金委員会による助成で,中国におけるOA方針と機関について,中国科学院の機関リポジトリ,アメリカのオープンアクセスのミラーサイトの構築が計画されているそうです。

将来

中国ではOAが大きく進展するであろうし,OA雑誌がOA運動の中で草分けとなると見ているようです。

参考資料
井上 絵里子. 日中意見交換会-日中科学技術情報流通促進協力のために-. 情報管理, vol.48, no.9, 2005, p.631-635.

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/526
Listed below are links to weblogs that reference
中国のオープンアクセスの現状 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 動向紹介 > 中国のオープンアクセスの現状

Search
Feeds

Return to page top