Home > 学術雑誌 > PLoS,来月から著者支払額を値上げ

PLoS,来月から著者支払額を値上げ

  • Posted by: smine
  • 2006年6月22日 16:42
  • 学術雑誌

naturethe Scientistによると,PLoSが来月1日より著者支払額を現行の1,500ドルから2,000-2,500ドルへと値上げするとのことです。PLoSの出版責任者の Mark Patterson氏はこの値上げは雑誌の運営費用を反映したものであって,金銭的な問題を抱えている訳ではないとコメントしています。natureの記事では,より悲観的にPLoSが「財政的危機にじわじわと直面している」と書いており,入手した財務諸表によると昨年度PLoSは1億円の損失をだしており,掲載料や広告料金は運営費の35%だけをカバーしており,残りは寄付金でまかなっているとのことです()。PLoSが雑誌を刊行すると発表した際に,1500ドルは現実的だし専門家と十分に計画したものに基づいていると言っていたではないかというnatureのちゃちゃ入れにたいし,Patterson氏は「この四年間で,私たちは多くのことを知ったのさ」と返していました。
 昨年度は,新たに3タイトルを刊行したので,その影響があるのかもしれません。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/476
Listed below are links to weblogs that reference
PLoS,来月から著者支払額を値上げ from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 学術雑誌 > PLoS,来月から著者支払額を値上げ

Search
Feeds

Return to page top