Home > 学術雑誌 > サーチエンジンはオープンアクセスよりも強し?(BMJ)

サーチエンジンはオープンアクセスよりも強し?(BMJ)

  • Posted by: smine
  • 2006年6月13日 19:23
  • 学術雑誌

BMJの6月10月号のニュースに、「サーチエンジン、電子ジャーナルの利用増加(効果)はオープンアクセス以上(Search engines increase online journal use more than open access)」という記事が掲載されていました。
 紹介記事のため、詳しい内容はわかりませんが、ユニバーシティカレッジロンドンのニコラス氏らによるNucleic Acids Research誌を対象とした深層ログ分析の結果のようです。同誌が著者支払い型モデルを発表した前後の利用実態を調査し、その結果、NARが検索エンジンに引っかかるようになった後では利用が143%(2003初期 132,000 --> 2005年1月 321,000)上昇したのに対し、2005年1月に著者支払い型を導入した後は、19%だけ上昇したとのことです。何をどう比較したのか、わからないことだらけでなんとも言えませんが、早く結果を発表してもらいたいものです。

Comments:3

skato 2006年6月14日 08:52

6月5日に開催されたOxford Open Access WorkshopでDavid Nicholas (CIBER, UCL)が行ったプレゼンテーション"The imapct of open access publishing on use and users: Nucleic Acids Research" http://www.oxfordjournals.org/news/ciber%20presentation1.pdf にデータが表示されています。

skato 2006年6月27日 22:44

Assessing the impact of open access: preliminary findings from Oxford Journals, June 2006が刊行されました。ニコラス氏の報告も含まれています。
http://www.oxfordjournals.org/news/oa_report.pdf

smine 2006年6月27日 23:54

情報どうもありがとうございます。
かなり大部の報告書ですが、早速読んでみたいと思います。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/472
Listed below are links to weblogs that reference
サーチエンジンはオープンアクセスよりも強し?(BMJ) from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 学術雑誌 > サーチエンジンはオープンアクセスよりも強し?(BMJ)

Search
Feeds

Return to page top