Home > 学協会 > 日本版SHERPA/RoMEOにむけて

日本版SHERPA/RoMEOにむけて

  • Posted by: smine
  • 2006年3月10日 22:00
  • 学協会

国立大学図書館協会が、日本の1730学会に対して「著作権の取扱い等に関するアンケート調査」を実施し、調査票とその結果の集計が公開されていました(回答率は41%;710)。
それによると、17%がいわゆるグリーンで、そのうち31%が書面での申込が必要、35%が出版社版PDFファイルの利用を許可していたそうです。
著者による刊行誌掲載論文のインターネット公開を「認めている」のは67学会、「認めていない」のは70学会、「検討中」が154学会、「わからない」が108学会、「回答なし」が8学会で、大半の学会は依然として明確な方針を立てていないことが浮き彫りになる結果となっています。
研究者に対する調査も実施したと聞いていますので、近いうちにこちらの結果も公表されるものと思われます。どんな結果になるのか楽しみです。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/436
Listed below are links to weblogs that reference
日本版SHERPA/RoMEOにむけて from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 学協会 > 日本版SHERPA/RoMEOにむけて

Search
Feeds

Return to page top