Home > 機関リポジトリ > 機関リポジトリの利用データの標準化に向けて

機関リポジトリの利用データの標準化に向けて

  • Posted by: smine
  • 2005年12月 3日 00:26
  • 機関リポジトリ

先日、COUNTERのリチャード・ゲディ氏が来日講演をされたのは記憶に新しいところですが、機関リポジトリの利用データについてもJISCの助成の下、英国や豪州の研究者が中心になって、ダウンロードデータを収集するAPIや標準規格を策定するプロジェクトが発足しているようです。COUNTERのCODEは電子ジャーナルやデータベース、書籍などを対象としていますが、機関リポジトリに組み入れることはできないのでしょうか。

Comments:2

skato 2005年12月 9日 09:49

言及されているプロジェクトであるIRS: Interoperable Repository Statisticsには、共同研究者としてCOUNTERの役員会のメンバーでもあるLong Island UniversityのDavid Goodman氏が加わっています。現在、IR用のCode of Practiceの草案をUniversity of TasmaniaのArthur Sale氏と共に作成中で、このCOPはOA雑誌の標準に拡張されるようです。

出典: IR - About the project
http://irs.eprints.org/about.html

smine 2005年12月10日 01:35

情報どうもありがとうございました。
やはりしっかりと準備は進んでいるということですね。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/409
Listed below are links to weblogs that reference
機関リポジトリの利用データの標準化に向けて from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 機関リポジトリ > 機関リポジトリの利用データの標準化に向けて

Search
Feeds

Return to page top