Home > 政府 > NIHのパブリックアクセス方針、さらなる強化を

NIHのパブリックアクセス方針、さらなる強化を

  • Posted by: smine
  • 2005年11月24日 15:25
  • 政府

 NIH Public Access Working Groupのメンバーの大半が、研究助成をうけた論文をPubMed Centralへ登録することを研究者は「要求されるべき」であり、刊行後「6ヶ月以内」に無料で利用可能になるようにとの認識を示したそうです。同WGに示されたデータによれば、現時点では登録対象論文の5%のみがPMCにアーカイブされているそうで、NIHは2006年度初頭に方針の進捗状況を議会に報告することになっているため、今回のWGによる表明は少なくとも同方針に何らかの影響を与えるものと思われます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/405
Listed below are links to weblogs that reference
NIHのパブリックアクセス方針、さらなる強化を from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 政府 > NIHのパブリックアクセス方針、さらなる強化を

Search
Feeds

Return to page top