Home > 研究助成機関 > Wellcome Trustが助成研究のセルフアーカイブを義務化へ

Wellcome Trustが助成研究のセルフアーカイブを義務化へ

  • Posted by: smine
  • 2005年5月19日 11:34
  • 研究助成機関

イギリスのWellcome Trustが2005年の10月1日より助成研究からでた論文を刊行後6ヶ月以内にUSPMC(かUKPMC)へセルフアーカイブすることの義務化を予定しており,来年の10月からは既存の助成を受けた研究者に対しても適用されるそうです。

http://www.wellcome.ac.uk/doc_WTX025191.html

(義務化になったのは大きいですが,6ヶ月という猶予期間があることは,オープンアクセスではなくバックアクセスにすぎないという指摘がされていました)

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/357
Listed below are links to weblogs that reference
Wellcome Trustが助成研究のセルフアーカイブを義務化へ from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 研究助成機関 > Wellcome Trustが助成研究のセルフアーカイブを義務化へ

Search
Feeds

Return to page top