Home > 動向紹介 > オープンアクセスは増加しているのか否か

オープンアクセスは増加しているのか否か

  • Posted by: smine
  • 2005年4月27日 17:09
  • 動向紹介

 日々高まりを感じさせるオープンアクセスであるが,実際オープンアクセスとなっている学術雑誌なり論文は増えているのだろうか。こうした疑問に対しては,様々であるというしかない。というのは,各人によってオープンアクセスの度合いを測る基準が異なるからである。DOAJのリストに掲載されているオープンアクセス雑誌数は大幅に増加し,論文数も2005年4月現在で72084編と2003年から283%の成長率を示している。その一方で,Ulrich Periodicals Directoryを使った場合,2004年に39の新雑誌のうち11誌がオープンアクセスジャーナルであったが,2003年度は30誌,2002年度は47誌,2001年度は63誌であったように年間新刊雑誌数の割合において年々減少している。
 しかし,機関リポジトリに登録された総論文数を見ると,右肩上がりで上昇している。http://archives.eprints.org/eprints.php?action=analysis
 そのような中で,ALPSPのSally Morrisら有志が,DOAJのリストにある雑誌に対して,現在までに何編の論文が掲載されているか,最新の論文が公表された日時などを調査しているそうで,近いうちに公表されるという。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/347
Listed below are links to weblogs that reference
オープンアクセスは増加しているのか否か from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 動向紹介 > オープンアクセスは増加しているのか否か

Search
Feeds

Return to page top