Home > 文献 > オープンアクセスが与える学術雑誌の財政・非財政的側面への影響とは?

オープンアクセスが与える学術雑誌の財政・非財政的側面への影響とは?

  • Posted by: smine
  • 2005年3月16日 11:15
  • 文献

ALPSP,AAAS,HighWireによる助成研究(Kaufman-Wills Group, LLCが調査)の成果が,14日発表されました。調査は,様々な形態を取るオープンアクセス雑誌を刊行している出版社に対して質問紙調査とインタビューを行い,


  • 属性:出版社の種類,オフィスの所在地,主題領域,出版物の種類など

  • 財政的側面: 歳入モデル,財政支援源,歳入の種類と割合,歳入の傾向と予測,現時点で余剰額あるいは赤字額等

  • 非財政的側面: 印刷形態,編集方針,内部・外部査読者数,著者サービス,著作権・許諾方針,著者の論文の公表権等


を調査項目としているそうです。「オープンアクセスはビジネスではなく,努力(effort)だ」とのコメントが印象的です。

プレスリリース:http://www.alpsp.org/openacc.htm#pres
PPTファイル:http://www.alpsp.org/2005ppts/OAstudyresults_rev1.ppt

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/325
Listed below are links to weblogs that reference
オープンアクセスが与える学術雑誌の財政・非財政的側面への影響とは? from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 文献 > オープンアクセスが与える学術雑誌の財政・非財政的側面への影響とは?

Search
Feeds

Return to page top