Home > 学協会 > ブラックウェルが著者支払いモデルを試験的実施

ブラックウェルが著者支払いモデルを試験的実施

  • Posted by: smine
  • 2005年3月 8日 02:41
  • 学協会

Blackwell Publsihing社は2月24日,いわゆる著者支払いモデルの形態を取る「Online Open」を開始することを明らかにしました。プレスリリースによると,論文を受理された著者は,2500ドルか1250ポンドを支払うことによって,Blackwell Synagyから執筆論文を無料でアクセスさせることができるそうで,冊子体の方にはその旨が付記されるとのこと。2006年末まで試験期間として行われるそうです。詳しい情報は下記を参照してください。

参照元
Online Open – a new open access journals service from Blackwell Publishing(Blackwellのプレスリリース)
Blackwell opens its arms to OA(Information World Review)

Comments:1

keiko 2005年3月 9日 16:56

BlackwellのOnline Openの方針に関しては、BioMed Centralの人やHarnadなどがコメントしているようです。
http://listserver.sigmaxi.org/sc/wa.exe?A1=ind05&L=american-scientist-open-access-forum&F=l#11
・Scholarly Communication Report Vol.9,No.2

発表などで「オープンアクセスにする」と言われていても、実際にはいろいろ細かいところで違っているようで、複雑です。それでも、こういう選択肢が設けられるようになったということ自体、
やはり変化は激しいと感じられます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.openaccessjapan.com/mt-tb.cgi/312
Listed below are links to weblogs that reference
ブラックウェルが著者支払いモデルを試験的実施 from Open Access Japan | オープンアクセスジャパン

Home > 学協会 > ブラックウェルが著者支払いモデルを試験的実施

Search
Feeds

Return to page top