Home > 学術雑誌 > Economics of scientific and biomedical journals: Where do scholars stand in the debate of online journal pricing and site license ownership between libraries and publishers?

Economics of scientific and biomedical journals: Where do scholars stand in the debate of online journal pricing and site license ownership between libraries and publishers?

  • Posted by: smine
  • 2005年3月 9日 10:57
  • 学術雑誌

Haekyung Jeon–Slaughter, Andrew C. Herkovic, and Michael A. Keller. Economics of scientific and biomedical journals: Where do scholars stand in the debate of online journal pricing and site license ownership between libraries and publishers?. First Monday. Vol.10, No.3, 2005.<http://www.firstmonday.org/issues/issue10_3/jeon/index.html>

First Mondayに,「Economics of scientific and biomedical journals: Where do scholars stand in the debate of online journal pricing and site license ownership between libraries and publishers?」が掲載されていました。eJUStの調査の一部で,図書館出版社間のサイトライセンスや価格枠組みにおける研究者の位置づけを探っているとのこと。

電子ジャーナルの登場は,学術コミュニケーションおよび研究者の行動に大きな変化をもたらした。しかし,学術雑誌の価格に対していかに研究者が行動するかということの重要性は,近年の図書館-出版社間のサイトライセンスや価格枠組みに関する議論に置いてほとんど顧みられることはなかった。スタンフォードの調査結果は,急激に高騰する価格が個人予約購読のキャンセルの主たる理由であり,利用者を図書館や他の研究機関の機関購読へと向かわせていることを示している。図書館は電子情報環境下において不可欠な情報提供者であり続け,その市場におけるの交渉力と学術コミュニケーションにおける役割の重要性はブランディングと利用者との強力な関係を構築することで増加するだろう。出版社の金満戦略は個人購読を失うことにはならないであろう(?)。3部門-研究者,図書館,出版社-が協力することで,これまで以上に各部門に最適解が約束されるのである。

Home > 学術雑誌 > Economics of scientific and biomedical journals: Where do scholars stand in the debate of online journal pricing and site license ownership between libraries and publishers?

Search
Feeds

Return to page top